顧客のモーメントを捉えるには

顧客接点に合わせて
最適な分析手法を選ぶ

サービスにおける顧客接点は多岐にわたります。そのため分析手法も接点に応じて選ぶ必要があります。

分析を通して何を知りたいのか、その分析に必要なデータとして何を使うのかなど、UX向上のための目的や課題に沿った適切な分析設計を行わなくてはなりません。

行動や態度の変容を多面的に捉え
潜在意識を掴む

アクセス数やコンバージョン数といった表面的な数値からでは、顧客の潜在意識までは把握できません。

UX分析を通し顧客の潜在的な欲求や不満を予測することで、より効果的な内容・タイミングで施策を実施し、離反などのリスクを回避することができます。

Experience Grow の特徴

  • 時系列でユーザーの行動を測定し、行動や態度の変容の瞬間を捉える
  • 顧客の欲求や不満を収集・分析することで先々に表面化する課題を予測し、早期の対策が可能
  • コンバージョンに至るまでのサービス離脱率、離脱ポイント(= UXの欠落)を改善する

クロスデバイス、オムニチャネルでの
一貫したユーザ体験の向上を実現します

生活者が体験するさまざまなコトを捉え
測定・活用する

潜在顧客からロイヤルカスタマーまで、あらゆる顧客レイヤーでモーメントを捉え、LTV向上とブランドリフトに活用できる施策をご提案します。

Next Step

Experience Grow に関する詳細をダウンロードして頂くことが出来ます

資料ダウンロード