OTT(Over The Top)戦略の実現に向けて

動画視聴サービスの契約形態とデバイスの傾向

単身生活者よりも家族単位で契約する顧客が多い傾向にあります。そのため、顧客アカウントごとに複数の嗜好や生活スタイルの介在を想定したデータ分析が必要となります。

一つの動画を複数のデバイスを用いながら視聴(クロスチャネル)する傾向も見られ、デバイスごとの視聴時間の比率も重要な分析対象です。

Broadcast Grow の特徴

  • 「コンテンツ」と「CM」の視聴ログの収集と分析
  • 顧客にとって価値のある作品の視聴を促すレコメンド
  • レコメンドなど施策結果のログも収集することで、施策精度の向上をサポート

オーディエンスコンテンツ分析とは

視聴・回遊ログから
顧客の嗜好を把握する

顧客の視聴ログやサービス内での閲覧・回遊ログを収集・蓄積すれば、趣味・嗜好や顧客属性など分析することができます。
さらに分析結果からターゲットとなる顧客層のセグメントを把握することができます。

検索ボットによる無効な
広告トラフィックの排除

ターゲットとなる顧客が視聴していないような、非人為的なトラフィックを特定・排除し、CMの効果を正しく評価します。

理想的な動画との接点を
増やす

最適なレコメンデーションで、顧客自身の検索行動だけでは見つけられなかったコンテンツとの出会いを促すことで、視聴体験の向上が期待できます。

あらゆるデータを収集・分析するプラットフォームを
実績とノウハウに基づきご提案いたします

Next Step

Broadcast Grow に関する詳細をダウンロードして頂くことが出来ます

資料ダウンロード